政府、中国側に抗議 76ミリ砲搭載船が領海侵入

沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を航行した、76ミリ砲を搭載した中国海警局の艦船(第11管区海上保安本部提供)
沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を航行した、76ミリ砲を搭載した中国海警局の艦船(第11管区海上保安本部提供)

松野博一官房長官は25日午後の記者会見で、同日午前に中国海警局の船が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に侵入したことを受けて、中国に対し「外交ルートを通じて厳重に抗議し、速やかに領海から退去するよう強く求めた」と明らかにした。

第11管区海上保安本部(那覇)によると、侵入した船のうち1隻は、これまで確認された機関砲で最大の76ミリ砲を搭載しているとみられる。76ミリ砲搭載船は今月15日、尖閣周辺の接続水域で初めて確認されたが、領海への侵入は初めて。

同本部などによると、25日午前2時35分ごろから2隻と、同10時ごろから76ミリ砲を搭載したとみられる船を含む2隻がそれぞれ侵入。4隻は午後1時10分ごろまでに領海外の接続水域に出た。海保が日本漁船の周囲に巡視船を配備し、領海から出るよう警告していた。

松野氏は「接続水域内や領海侵入などの活動が相次いでいることを極めて深刻に考えている。緊張感を持って、尖閣諸島周辺の警戒監視に万全を尽くすとともに、中国側に対しては冷静かつ毅然(きぜん)と対応していく」と述べた。

中国船2隻 領海出る 尖閣周辺で全4隻退去


会員限定記事会員サービス詳細