古川飛行士の研究で不正か JAXA、処分検討

古川聡氏
古川聡氏

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の古川聡飛行士(58)が総括責任者を務める国際宇宙ステーション(ISS)での生活を模した実験で、データの書き換えなどの捏造や改ざんに相当する行為があったことが25日、関係者への取材で分かった。JAXAは同日、文部科学省や厚生労働省に報告し、古川氏ら関係者の処分を検討する。

実験は、ISSのような閉鎖環境とストレスに関するもので、茨城県つくば市の施設で実施された。閉鎖環境に入った参加者の血液や尿、精神状態に関するデータを取ったが、評価の書き換えなどがあったという。実験結果は論文として発表されていない。

古川飛行士が責任者の研究で不正 データ改ざん、捏造 「管理監督責任」


会員限定記事会員サービス詳細