グレタさんらが政府提訴へ 6百人超、気候対策に欠陥

デモで演説する環境活動家グレタ・トゥンベリさん=2021年11月5日、英グラスゴー(ゲッティ=共同)
デモで演説する環境活動家グレタ・トゥンベリさん=2021年11月5日、英グラスゴー(ゲッティ=共同)

スウェーデンの地元紙ダーゲンス・ニュヘテルは24日、同国の環境活動家グレタ・トゥンベリさん(19)を含む600人超の若者らが、スウェーデン政府の気候変動対策に欠陥があるとして25日に提訴すると報じた。

同紙によると、提訴する若者らは「政府の気候対策が失敗すれば、将来的に私たちの人権を脅かすことになる」と主張。温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に沿った新たな目標を策定し、それに従うよう政府に求めている。訴訟には636人が参加し、7歳の子どももいるという。

グレタさんは同紙に「システム、法律そのものを変える必要がある」と強調。「気候危機から長期的に私たちを守る法律がないとしても、あらゆる手段を行使し、変化を生む努力をし、危機的状況にあるという事実に対する認識を高めなければならない」と語った。(共同)

グレタさん、COP27欠席へ 「ごまかし」の機会と非難

世界の潮流「ジェネレーション・レフト」 日本でなじまぬ背景

会員限定記事会員サービス詳細