期限切れワクチン、誤接種 鹿児島3市で約100人に

鹿児島県南さつま市と南九州市、枕崎市は24日、有効期限切れの5~11歳向けの新型コロナウイルスワクチンを計約100人の子供に接種していたと発表した。頭痛や疲労感など副反応とみられる症状以外の健康被害は報告されていないという。

各市によると、ワクチンはファイザー製で10月末までが有効期限だったが、11月22日まで接種していた。

隣接する3市からワクチンの管理と配送を委託された業者の確認ミスが主な要因という。業者が22日に申告した。今後は医療機関でのチェックの強化など再発防止策を徹底するとしている。

会員限定記事会員サービス詳細