JR東海のリニア環境調査に苦言 長野県の評価委

JR東海が公開したリニア中央新幹線の南アルプストンネルの本坑工事現場=長野県大鹿村
JR東海が公開したリニア中央新幹線の南アルプストンネルの本坑工事現場=長野県大鹿村

長野県は24日、有識者らでつくる環境影響評価技術委員会を開いた。リニア中央新幹線のトンネル工事を巡り、JR東海が実施した環境調査について報告を受けた。委員から「資料が分かりにくい」「判断のしようがない」といった苦言が相次いだ。JR東海側は「社に持ち帰り検討する」との説明を繰り返した。

JR東海は6月、着工中のトンネル工事に関係する地域の水資源や希少動物の生息状況などをまとめた報告書を公表した。会合で問題となったのは、井戸の水位や湧水の量に変化があったとする報告。地点ごとの降水量と、付近で実施した工事の進捗(しんちょく)状況などが別々に記載されていた。

委員からは、相関性が見えにくいとして「調査の羅列でしかなく、結果をどう判断できるか示してほしい」と改善を求める意見が続出した。

会合後、地質学が専門で委員の富樫均氏は記者団の取材に「分かりやすい報告にするよう昨年も要望したが、変わっていない。検討で終わりにせず対応してほしい」と批判した。

会員限定記事会員サービス詳細