東京駅から臨海部へ地下鉄新線 都、2040年代前半めど開業

東京都が晴海ふ頭(中央区)などの臨海部とJR東京駅周辺に新設する駅を結ぶ地下鉄の新線を2040年代前半をめどに開業する事業計画案をまとめたことが24日、分かった。大規模な開発が進む臨海部と東京駅を直結することで、利便性の向上を図る。複数の関係者が明らかにした。

新線の総延長は約6キロで、JR東京駅周辺に起点となる駅を新設。そこから約1キロごとに、新銀座、新築地、勝どき、晴海、豊洲市場、有明・東京ビッグサイト(いずれも仮称)の6駅を設ける。総工費は約4200億~5100億円程度になる見込み。

臨海部には羽田空港と都心をつなぐJR東日本の新路線の開設も計画され、地下鉄新線との接続も検討されている。

地下鉄新線を巡っては、都が検討会を設けて計画案づくりを進めてきた。小池百合子知事が25日の記者会見で詳細を明らかにする見通し。

東京・新地下鉄計画「都心部と臨海部結ぶ背骨に」小池氏


会員限定記事会員サービス詳細