下校途中の7歳女児連れ去り、容疑で男逮捕 京都府警

京都府警本部=京都市上京区
京都府警本部=京都市上京区

京都府城陽市で10月、下校途中の小学2年の女児(7)を車で一時連れ去ったとして、京都府警は24日、未成年者略取と監禁の疑いで、城陽市枇杷庄島ノ宮の会社員、尾峪(おさこ)琢馬容疑者(28)を逮捕した。「女の子を車に乗せた」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は10月5日午後3時15分ごろ、城陽市の路上で下校途中の女児を無理やり車に乗せ、車内で監禁したとしている。

府警によると、女児は1人で下校中で、約7分にわたり車内に閉じ込められた後に約400メートル離れた場所で解放された。女児は泣きながら帰宅したが、けがはなかったという。

付近の防犯カメラに写った車の映像などから尾峪容疑者が浮上。女児は尾峪容疑者と面識がないと証言しており、府警が動機や犯行時の足取りを調べる。

会員限定記事会員サービス詳細