仕事場に「働かないおじさん(おばさん)」がいる割合は6割 なぜ働かなくなるのか

弁護士ドットコムは「働くことを考える調査」を実施した画像はイメージ)
弁護士ドットコムは「働くことを考える調査」を実施した画像はイメージ)

弁護士ドットコム(東京都港区)は「働くことを考える調査」を実施した。雇用労働者に、職場に「働かないおじさん(おばさん)」がいるかどうか聞いたところ、58.7%が「いる」と回答した。「自分がそうだ」という回答も4.2%と、合計すると6割を超えた。

職場に「働かないおじさん(おばさん)」がいるかどうか(出所:プレスリリース、以下同)
職場に「働かないおじさん(おばさん)」がいるかどうか(出所:プレスリリース、以下同)

職場に働かないおじさん(おばさん)が「いる」と回答した人に実態を聞いたところ、「いつもパソコンを眺めているだけで何も仕事をしないくせに、仕事を頼むと『何で俺がこんな仕事やらなきゃいけないんだ』と高圧的に騒いで断る。ただ居るだけ」(従業員数1000人以上)、「仕事がないので定時を待って帰るのだが、ばつが悪いのか必ず外線電話がかかってきたふりをして帰る。実はこの電話どこにもつながっておらず自作自演」(従業員数1000人以上)などの声が聞かれた。

また「自分がそうだ」と回答した人に、自身のキャリアについて思うことを尋ねたところ、「やってもやらなくても給料はさほど変わらない。やってるように思わせられれば、給料はもらえる」(40代男性、会社員・会社役員)、「年齢によって働くスタイル、働く内容が変わってくる。年齢が高くなれば若い時分のようにはバリバリ働けないが、培った経験則と人脈がありわずかな労力で相当な対価を得ることができると思う」(50代男性、会社員・会社役員)などの声が挙げられた。

なぜ「働かないおじさん(おばさん)」は働かなくなった?

なぜ「働かないおじさん(おばさん)」は働かなくなったと思うかを聞いた。最も多かったのは「働いても働かなくても待遇が変わらないから」が64.2%、次いで「年功序列で、ある程度の給与やポジションが保証されているから」が51.3%、「職場の雰囲気がゆるいから」が32.7%だった。

なぜ「働かないおじさん(おばさん)」は働かなくなったと思うか
なぜ「働かないおじさん(おばさん)」は働かなくなったと思うか

自身が将来「働かないおじさん(おばさん)」になる可能性は?

自身が将来「働かないおじさん(おばさん)」になる可能性があるかどうかの問いに、22.9%が「ある」と回答した。

自身が将来、「働かないおじさん(おばさん)」になる可能性があるか
自身が将来、「働かないおじさん(おばさん)」になる可能性があるか

「働かないおじさん(おばさん)」が増えないために最も必要なのは?

社会全体で「働かないおじさん(おばさん)」が増えないために最も必要なのは何か尋ねたところ、1位は「年功序列をやめて、給与に差をつける」(30.2%)、2位は「解雇をしやすくする」(16.0%)、3位は「中高年になってからの学び直しを促進する」(14.1%)であった。

社会全体で「働かないおじさん(おばさん)」が増えないために何が最も必要なのか
社会全体で「働かないおじさん(おばさん)」が増えないために何が最も必要なのか

弁護士ドットコムは、「今回の調査で、働かないおじさん(おばさん)の待遇見直しを求める声が目立った。働かないおじさん(おばさん)を生み出す人事制度やキャリアパスを再構築しない限り、今回の調査で2割超が『自分もなる可能性がある』と回答している通り、次世代の働かないおじさん(おばさん)が再生産されることになりかねない」とコメントした。

今回の調査は、弁護士ドットコムの一般会員を対象にインターネットで行った。期間は10月19~25日、有効回答数は1053人。

(ITmedia ビジネスオンライン)

会員限定記事会員サービス詳細