ロシアは「テロ支援国家」 欧州議会、強硬姿勢示す

ロシア国旗(ロイター)
ロシア国旗(ロイター)

欧州連合(EU)欧州議会は23日、フランス・ストラスブールで開いた本会議で、ウクライナに侵攻したロシアを「テロ支援国家」とする決議案を賛成多数で採択した。決議に法的拘束力はないが、欧州議会としてロシアに対する強硬姿勢を改めて示す象徴的な意味合いがある。

決議後、欧州議会のホームページがサイバー攻撃を受けた。メツォラ議長はツイッターで「親クレムリン(露大統領府)グループが犯行を認めた」と明らかにした。

欧州議会は「ウクライナ市民に対する露軍の意図的な攻撃と残虐行為、民間インフラ破壊、その他の国際人道法の重大な違反はテロ行為に相当する」と指摘。「ロシアをテロ支援国家およびテロ手段を用いる国家として認識する」とした。

ウクライナのゼレンスキー大統領はツイッターで決議を歓迎し、「ロシアを孤立化させ、ロシアの責任を問わなければならない」と述べた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細