現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

11月23日

イングランド戦前、国歌を斉唱しなかったイラン代表=21日、ドーハ(共同)
イングランド戦前、国歌を斉唱しなかったイラン代表=21日、ドーハ(共同)

中東のイランでは1979年のイスラム革命以来、長らく女性の男子サッカー観戦が禁じられてきた。3年前にようやくスタジアムに入れるようになった。

▼テヘランで行われた2022年ワールドカップ(W杯)に向けたアジア2次予選のカンボジア戦では、女性向けのチケットがあっという間に売り切れた。当時は女性の権利拡大に寛容だったロウハニ政権だったが、現在は最高指導者のハメネイ師、ライシ大統領、ともに保守強硬派である。

▼テヘランで今年9月、髪の毛を隠すヒジャブのかぶり方が不適切だとして、22歳の女性が警察に逮捕された。女性が3日後に死亡した事件をきっかけに抗議デモが起こり、全土に拡大して治安部隊と衝突している。

ランキング

  1. 【風を読む】元空軍パイロットの背信行為 論説副委員長・佐々木類

  2. 【正論】東工大女子枠の真の狙いとは? エッセイスト 動物行動学研究家・竹内久美子

  3. 【産経抄】12月7日

  4. 【一筆多論】「親日」英外相に期待する 岡部伸

  5. 【主張】中国「海外闇警察」 政府は実態の解明を急げ

  6. 【浪速風】笑えない手打ち

  7. 【主張】W杯日本敗退 悔しさを次の景色の礎に

  8. 【社説検証】中国のゼロコロナ抗議 産朝は体制上の原因を指摘 各紙が柔軟な政策修正促す

  9. 【話の肖像画】作詞家・松本隆<2> 父が買ってくれた「デンチク」が原点

  10. 【世界の論点】ワールドカップを巡る人権批判

会員限定記事