現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

日本文明に基づいた祝日の名に 文芸批評家・新保祐司

文芸批評家の新保祐司氏
文芸批評家の新保祐司氏

「新嘗祭」が名を変え

今日は、「勤労感謝の日」である。祝日法には、その趣旨として「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」とある。明治初年に「新嘗(にいなめ)祭」と定められたものが、敗戦後に名を変えたのである。

福田恆存は、昭和29年に「『勤労感謝の日』といふことばからは、なにか工場労働者の顔が浮んでくる。下手すると戦争中の勤労動員を憶ひだします。官僚的、乃至(ないし)は階級闘争的です。率直にいつて、百姓仕事や商業と勤労といふことばとは、ぜんぜん結びつきません」と語った。それに対して、稲などの五穀の収穫を祝う「新嘗祭」は、日本文明の根底としての農耕生活に基づいている。日本文明の保持が重要な課題となっている今日、この祝日の名の変更は、改めて考えてみるべきだと思う。

ランキング

  1. 【風を読む】元空軍パイロットの背信行為 論説副委員長・佐々木類

  2. 【浪速風】笑えない手打ち

  3. 【正論】東工大女子枠の真の狙いとは? エッセイスト 動物行動学研究家・竹内久美子

  4. 【一筆多論】「親日」英外相に期待する 岡部伸

  5. 【産経抄】12月7日

  6. 【主張】中国「海外闇警察」 政府は実態の解明を急げ

  7. 【主張】W杯日本敗退 悔しさを次の景色の礎に

  8. 【社説検証】中国のゼロコロナ抗議 産朝は体制上の原因を指摘 各紙が柔軟な政策修正促す

  9. 【産経抄】12月6日

  10. 【解答乱麻】「反日日本人」がなぜこんなに多いのか カギは米国産「WGIP」にあり 麗澤大大学院特任教授・高橋史朗

会員限定記事