アイフォーン工場で衝突 中国河南省、動画出回る

23日、中国河南省鄭州市の米アップルのiPhone生産工場周辺で発生した従業員と当局者の衝突の一場面とみられる画像(「微博(ウェイボ)」から、共同)
23日、中国河南省鄭州市の米アップルのiPhone生産工場周辺で発生した従業員と当局者の衝突の一場面とみられる画像(「微博(ウェイボ)」から、共同)

中国の短文投稿サイト、微博(ウェイボ)に投稿された動画などによると、河南省鄭州市にある米アップルのiPhone(アイフォーン)を生産する巨大工場周辺で23日、補給金を巡って不満を持つ従業員と当局者がにらみ合い、一部で衝突する事態が起きた。

同工場は台湾・鴻海精密工業の傘下にあり、厳しい新型コロナウイルス対策で従業員の不満が高まっていた。鴻海は23日、多数の従業員らによる抗議活動があったことを認めた。生産低迷がアップルの業績に響く可能性もある。

動画によると、数百人規模の人々が鉄棒などを持ち、コロナ対策の白い防護服を着た当局者らを追いかけた。警察と書かれた透明の盾を持って整列する当局者や、抗議者とみられる男性を取り囲んで踏みつける様子が写っていた。

鴻海は、抗議は22日夜から始まったと説明し「当社は補給金に関する契約を守っている」と主張。「従業員や政府と意思疎通を続け、暴力行為の再発を防ぐ」とコメントした。

同工場は10月に新型コロナの感染者が発生し、従業員が工場や宿舎から外出することを禁止。従業員が徒歩で逃げ出す騒ぎが起き生産能力が低下した。アップルはアイフォーン最新型「14」シリーズ上位機種の出荷台数が想定を下回る見通しだと11月発表した。(共同)

iPhone14出荷減へ 中国工場のコロナ規制で


会員限定記事会員サービス詳細