現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

hanashikaの時間。

「はめもの」と気候風土 桂小春団治

桂小春団治さん
桂小春団治さん

10月末から「上方落語がやってきた」と題して、全国11カ所を回る独演会を開催しています。

上方落語特有の「はめもの」という、落語の話の中に三味線や太鼓がBGMや効果音として入る本格的な上方落語を地方でも聞いてもらうため、大太鼓に締め太鼓、銅鑼(どら)に当たり鉦(がね)、拍子木などの鳴り物のほか、見台・膝隠しという、これまた上方落語独特の道具まで持って各地を移動しないといけません。もちろん三味線弾きも同行します。

ところが楽器というものはその土地の気候風土に影響を受けやすいのか、毎年行く九州の大牟田ではいつも大太鼓が湿気(しけ)て皮がたるんで「デロンデロン」という鈍い音になる。

ランキング

  1. 【産経抄】12月1日

  2. 【阿比留瑠比の極言御免】北の発射台表彰と反撃能力

  3. 【主張】原発の運転延長案 国家の計が弱腰では困る

  4. 【主張】被害者救済法案 与野党で早期成立を図れ

  5. 【浪速風】小心な大国

  6. 【産経抄】11月30日

  7. 【正論】基盤的防衛力構想の呪縛を解く 元内閣官房副長官補同志社大特別客員教授・兼原信克

  8. 【陳銘俊の一筆両断】 出よ!新しい日中、日台関係を造るサムライ

  9. 【iRONNA発】地方紙読者が知らない 共同通信社の強大な発信力

  10. 【主張】中国のコロナ抗議 独裁体制の欠陥は明白だ

会員限定記事