イーロン・マスクの“スピードへの欲求”と、スティーブ・ジョブズとの共通項

ツイッターを買収したイーロン・マスクは猛烈な勢いで改革に手を付け始めた。彼が置かれた状況は1998年のスティーブ・ジョブズとどこか似ているが、“スピードへの欲求”も度が過ぎると危機をもたらす可能性がある──。『WIRED』エディター・アット・ラージ(編集主幹)のスティーヴン・レヴィによる考察。

わたしがアップルの本社にスティーブ・ジョブズを訪ね、アップルの再生に向けた彼の計画を聞いたのは1998年5月のことだった。ジョブズは10年以上前に自分を解雇した会社に戻った後、1年近くにわたり「暫定CEO(最高経営責任者)」を務めていた。

役員室でわたしを出迎えたジョブズはホワイトボードに向かい、会社の経営難に対する彼の解決策を走り書きし始めた。ジョブズの頭の中には新しい製品計画があり、新製品があり、刺激的な広告キャンペーンによって活性化された労働力があった。

この当時、ジョブズがパーソナルコンピュータの開発を始めてから20年が経っていた。つまり、成人してからずっと関わっていた分野だったのだ。

いきなり経営することになった会社について、ジョブズは熟知していた。会社を設立したのも、そのフラッグシップとなる製品を開発したチームを率いたのも、彼だったからだ。

そんなジョブズはアップルから離れた数年の間に、インターネットや次世代OSに先進的なアプローチをとる別のコンピューターメーカーを設立していた。それに彼はスティーブ・ジョブズだった。破産寸前の大手コンピューターメーカーを素早く立て直せる人物がいるとすれば、それは彼だろう。ところが、ジョブズが計画を考え出すには数カ月かかり、それを実現させるには数年かかった。

98年5月のあの日、彼がわたしに披露したカラフルな「iMac」は、アップルの最終利益の黒字化に貢献した。一方で、2001年の「iPod」や07年の「iPhone」といった非PCデバイスにアップルが参入するまで、確実に利益を生むようにはならなかったのだ。

そしてアップルの“ポストPC”の未来は、98年の時点ではジョブズのロードマップにさえ描かれていなかった。

イーロン・マスクとジョブズの共通項

イーロン・マスクがツイッターを買収したとき、彼の状況は1998年のジョブズとどこか似ていた。ツイッターは赤字続きであり、利用者の面でも“二流”のソーシャルネットワークとして行き詰まっている。

ところが、マスク自身のツイートや声明によると、Twitterを世界の“公会堂”であるとみなしたことが、そもそも彼を動かした動機になったのだという。このプラットフォームにおいて、より多くを、より自由な発言を素早くできるようにすることが目的だったというのだ。

さらにマスクは、買収資金の一部を銀行からの借り入れで調達しており、そのことが事態の緊急性を高めていた。返済に取りかからなくてはならなくなっていたからだ。マスクはすぐに、文字通り、そして文化的に、ツイッターの運命を変えようと行動を開始したのである。

もし世の中に「傲慢さの殿堂」というものがあれば、マスクはそこに入る筆頭候補に挙げられるだろう。彼はツイッターの歴代リーダーたちが達成のスタート地点にすら立てなかったことを、自分の“マスクらしさ”によって可能にできると信じている。歴史上の前例を、うっとうしいブヨのようにはたき落とそうとしているのだ。

ツイッターは06年に始動したが、事業が軌道に乗ったのは、ほぼ1年後のカンファレンス「SXSW(サウスバイサウスウェスト)」で評判になったときである。それ以降のツイッターは目覚ましい成長を遂げた。

09年のメモには、当時のCEOだったエバン・ウィリアムズの戦略会議での発言が引用されている。「10億人のユーザーがいれば、それは地球の鼓動になる」というものだ。

当時のTwitterが10億人というユーザー数を得ることは、必然ではないにせよ、ありうることに思えた。そしてウィリアムズは、この基盤があればツイッターの収益性を著しく高めるビジネスプランを簡単につくれるものと信じていた。

ところがツイッターは、10億人の半数のユーザーさえ獲得することはなかった。広告ベースの優れたビジネスモデルを生み出したように見えながら、誕生してからの20年近くで利益を上げた期間は2年しかない。

ツイッターを率いた誰もがユーザーの成長を促がそうとし、利益を確固たるものにしようと取り組んできた。エバン・ウィリアムズが挑み、ディック・コストロが挑んだ。ジャック・ドーシーは2回にわたって挑戦した。何度も繰り返し、プラットフォームの仕組みを内部から知る賢人たちが、ツイッターを重要なスピーチプラットフォームから巨大な技術的な権威へ押し上げようと試み、失敗してきたのだ。

Twitterのスーパーユーザーであるマスクは、そのサービスが企業としてどのように機能しているかをようやく理解し始めたばかりである。それなのに、クリスマスツリーを飾り始めるよりも早い段階で、全力疾走を始めている。あるいは、その方法を解明しようと躍起になっているのだ。

会員限定記事会員サービス詳細