浪速風

「世界トイレの日」に誇る日本製品

「おしりだって、洗ってほしい」というTOTOの温水洗浄便座「ウォシュレット」のテレビCMが放送されたのは42年前。当時、わが家は和式トイレで、鮮烈なCMをただただ「珍しいもの」と眺めていたが、今や「ないトイレには入りたくない」ヘビーユーザーの一人だ

▶紙で拭くのが痛い人や、体格の問題で拭きにくい人のために作られた米国の医療機器が原型だが、内閣府の調査では昨年の一般世帯普及率は80・3%に達しており、累計出荷台数は6千万台を超えているという。海外での販売も好調といい、今や外国から称賛される日本製品の一つである

▶国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」の一つに、「安全な水とトイレを世界中に」がある。世界にはいまなお、安全に管理されたトイレを利用できない人が約42億人いるといい、不衛生なトイレ環境は命にも関わる深刻な問題だからだ。きょうは、国連が定めた「世界トイレの日」。

会員限定記事会員サービス詳細