運転手「2つ前のバス停で体調悪化」 東京・町田の路線バス暴走

住宅に突っ込んだ路線バス=18日午後11時、東京都町田市
住宅に突っ込んだ路線バス=18日午後11時、東京都町田市

東京都町田市で18日に路線バスが暴走して住宅に突っ込んだ事故で、50代の男性運転手が「2つ前のバス停を出発した後から具合が悪くなった」と説明していることが19日、警視庁町田署への取材で分かった。事故では乗客7人と運転手の計8人がけがをしている。

署によると、運転手は事故現場から1つ前のバス停を通過し、100メートル以上暴走して住宅に突っ込んだ。2つ前のバス停では、乗客の乗降のため、停車していた。運転手は「(1つ前の)バス停を通過した直後に記憶がなくなり、突っ込んでから意識が戻った。持病はない」とも話している。

路線バス100メートル暴走か、住宅に突っ込み8人けが

会員限定記事会員サービス詳細