学び直す大人の性教育

「男性として自信失う」打ち明けられない性の悩み 


11月19日は男性の健康に目を向けジェンダー平等を促す国際男性デー。近年、生理など女性特有の体の仕組みや症状について社会的理解が進みつつある一方、男性特有の心身の不調や悩みに対する意識の変革は極めてスローだ。特に男性器まわりのことは生理以上にタブー視され、当事者の悩みが表に出にくい。そんな中、自身の性機能について深い悩みや困りごとを抱えていながら、専門医にたどり着いていない中高年男性が少なくない実態も分かってきた。男性が健やかに人生を過ごすためのヒントを探った。


性生活に違和感


埼玉県に住む教職員の男性(41)。身体の異変に気づいたのは今年夏、新しいパートナーとの交際がきっかけだった。

「性生活における男性機能の面で自信を失うような出来事がありました。パートナーは気づいていないようでしたが、若いころと比べて明らかな違いを感じ、ショックだった」

不調は日常生活にも。夜、尿意を感じて目覚める回数が異常に増えた。「多いときには1時間半に1回ほどトイレのために起きる。睡眠の質が落ちて疲れがとれない。精神面でも不安感が増していきました」

症状をもとにインターネットで調べて、たどり着いたのは「男性更年期障害」という病名だ。

男性ホルモンである「テストステロン」が急激に低下することで引き起こされる「男性更年期障害」は、近年、男性特有の健康課題として注目されている病気だ。加齢だけでなく、ストレスも原因となり、若い世代から高齢者まで誰にでも起こるといわれる。男性機能の低下は、発見の目安にもなっている。

男性更年期障害の症状は多岐にわたる
男性更年期障害の症状は多岐にわたる

「一番治したかったのは、男性機能の低下でしたが、もちろんパートナーには打ち明けられないし、医師でさえ話すのは恥ずかしいという葛藤がありました」と振り返る男性。

パートナーとの将来を大切にしたいという思いから、男性は大学病院の泌尿器科を受診したが、この男性のように勇気を出して専門医につながるケースは、まれなのかもしれない。

会員限定記事会員サービス詳細