現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

世代交代の加速促す米中間選挙 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦

双日総合研究所チーフエコノミスト 吉崎達彦氏
双日総合研究所チーフエコノミスト 吉崎達彦氏

歴史的な与党・民主党の善戦

11月8日に行われた米中間選挙の開票作業は、事前の予想を裏切る結果となりつつある。

大方の観測では、40年ぶりのインフレに苦しむ有権者は野党・共和党支持に流れるとみられていた。そうでなくても中間選挙は通常、与党に厳しい審判を下す。しかもバイデン大統領の支持率は4割台前半で低迷しており、不利はいわば「織り込み済み」だった。

ランキング

  1. 【産経抄】12月7日

  2. 【風を読む】元空軍パイロットの背信行為 論説副委員長・佐々木類

  3. 【主張】中国「海外闇警察」 政府は実態の解明を急げ

  4. 【沖縄考】南の島の北の防人 那覇支局長・川瀬弘至

  5. 【主張】W杯日本敗退 悔しさを次の景色の礎に

  6. 【一筆多論】「親日」英外相に期待する 岡部伸

  7. 【正論】「抑止」への投資を躊躇するな 麗澤大学特別教授、元空将・織田邦男

  8. 【産経抄】12月6日

  9. 【スポーツ茶論】渋野の信念と今と未来 清水満

  10. 【ソウルからヨボセヨ】夢を語る一杯

会員限定記事