富山の「ショーグンバーガー」 世界大会6位に

世界大会の決勝戦で作ったすき焼き風バーガー(ショーグンバーガー提供)
世界大会の決勝戦で作ったすき焼き風バーガー(ショーグンバーガー提供)

富山発のハンバーガー店「ショーグンバーガー」が米ダラスで開かれたハンバーガー世界一を決める大会に出場し、約30チーム中6位と健闘した。シェフの扇谷厚子さん(46)が16日、取材に応じ「現地の材料や調理器具を使うという制約の中でも味が評価されたのはうれしい」と語った。

現地時間9~13日に開かれた大会では、ラウンドごとに使用が義務付けられる「テーマ食材」があり、決勝戦はスパイスだった。扇谷さんは、日本らしさを出しつつ、スパイスを利かせたすき焼き風バーガーで挑んだ。

米ダラスで開かれた世界大会に出場したシェフの扇谷厚子さん(中央)=11月(ショーグンバーガー提供)
米ダラスで開かれた世界大会に出場したシェフの扇谷厚子さん(中央)=11月(ショーグンバーガー提供)

同店は富山市で創業し、金沢市や東京都内にも店舗を置く。扇谷さんらは7月に神奈川県横須賀市で開かれた国内予選を制し、世界大会への切符をつかんだ。

会員限定記事会員サービス詳細