「ファスト映画」投稿者に5億円賠償命令 東京地裁、映像会社の請求全額認める

東京地裁

映画の内容を短縮した「ファスト映画」を動画投稿サイト「ユーチューブ」上に無断で投稿され著作権を侵害されたとして、東宝などの映像会社13社が、投稿した男女2人=いずれも著作権法違反罪で有罪判決が確定=に計5億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は17日、2人に請求通り計5億円の賠償を命じた。ファスト映画の賠償額に関する司法判断は初。

訴状によると、提訴された2人は「シン・ゴジラ」など、13社がそれぞれ著作権を持つ映画54作品について、内容を10分ほどに短くまとめたファスト映画を無断で作成し、ユーチューブ上に投稿。昨年、同法違反容疑で宮城県警に逮捕され、いずれも執行猶予付きの有罪判決が確定した。

動画の再生回数は合計で1千万回超に上り、広告収益で少なくとも約700万円を得ていたという。原告側は、再生1回当たりの被害額を200円と算定し、被害総額は約20億円にのぼると主張。そのうち一部の支払いを求めていた。

「ファスト映画」投稿者に5億円賠償求め提訴 東宝など13社

【犯罪最前線】映画だけじゃない 急増する「ファスト」コンテンツ

©2020-2023 The Sankei Shimbun. All rights reserved.