男子高校生に「タイマンは殺し合い」「死ぬまでやれ」 殺人未遂教唆容疑で34歳男を逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

大阪市東住吉区の河川敷で10月、男子高校生(17)がけんか相手の少年に金属製の重りを投げつけ、殺人未遂容疑で逮捕される事件があり、大阪府警東住吉署は14日、男子高校生に「殺してしまえ」などと伝えたとして、殺人未遂教唆の疑いで、大阪市都島区大東町の自称会社員、横山司容疑者(34)を逮捕した。「一言も言っていません」と容疑を否認している。

逮捕容疑は10月24日午前3時半ごろ、大阪市東住吉区の大和川河川敷で、少年(16)とけんかをしていた男子高校生に「タイマンは殺し合いや」「死ぬまでやらんかい」「武器使ってええからやってしまえ」などと殺害を教唆したとしている。男子高校生は約8キロの金属製の重りを投げ、少年は頭蓋骨骨折などの重傷を負った。

同署によると、横山容疑者と男子高校生は知人で、事件の直前、大阪市住吉区のコンビニで少年とトラブルになっていたという。同署が詳しい経緯を調べる。

会員限定記事会員サービス詳細