岡山で鳥インフル疑い 養鶏場、県内今季3例目か

岡山県は10日、倉敷市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したと明らかにした。遺伝子検査で陽性が確認されれば、県内の養鶏場で今季3例目。

県によると10日午前、家畜保健衛生所に鶏が死んだり弱ったりしていると通報があり、簡易検査で陽性を示した。養鶏場では採卵鶏約3万4千羽を飼育しており、11日朝に結果が判明する見通しの遺伝子検査で陽性が確認されれば、殺処分を始める。

倉敷市内では10月下旬以降、別の養鶏場2カ所で鳥インフルの感染が確認されている。今回の養鶏場は2例目の養鶏場と近接しており、伊原木隆太知事は「狭い範囲にウイルスが集中している可能性がある」との見方を示した。

会員限定記事会員サービス詳細