月食観測の女性転落死か 熊本・天草

熊本県警天草署は9日、同県天草市楠浦町の無職、和田恵海さん(45)が自宅近くの干上がった川底で倒れているのが見つかり、搬送先で死亡したと発表した。付近にあった和田さんのスマートフォンには皆既月食の写真が数枚残されていたといい、署は橋から約4メートル下の岩場に誤って転落したとみて調べている。

署などによると、8日午後7時半まで家族と皆既月食を観測。いったん帰宅した後、所在が分からなくなった。午後11時25分ごろ、夫(45)が発見し、119番した。

後頭部から血を流し、うつぶせの状態。スマホ内にあった月食写真の最後の撮影時間は午後8時半ごろだったという。

会員限定記事会員サービス詳細