東急運転士、運行妨害疑い 遅刻恐れ?小田急ドア解錠

神奈川県警=横浜市
神奈川県警=横浜市

小田急小田原線柿生駅(川崎市)のホームで緊急非常用装置を勝手に操作し、発車直前だった電車のドアを開けて乗り込んだとして、神奈川県警は8日、威力業務妨害の疑いで川崎市麻生区王禅寺西7丁目、東急電鉄の運転士保田知彦容疑者(43)を逮捕した。捜査関係者によると、仕事に遅刻しそうだったため、慌ててドアを開けた疑いがある。

逮捕容疑は7月20日午前5時過ぎ、新宿行き普通電車の車体外側の装置を操作し、ドアを解錠して運行を妨害した疑い。麻生署によると「業務を妨害するつもりはなかった」と供述している。

容疑者が乗り込んだ後、気付いた車掌がドアを閉めた。電車には約300人が乗っており、約5分遅れた。小田急電鉄は取材に「極めて危険。目的外使用は絶対にやめてほしい」とコメントした。東急電鉄の担当者は「今後の警察の捜査に全面的に協力してまいります」としている。

会員限定記事会員サービス詳細