現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

音声で聴く 神田蘭の5分で恋する日本史列伝

乃木希典の巻 水師営の会見、殉死…武士道精神を体現

敗軍の将に帯剣を認めた水師営の会見の記念写真。中列左から2人目が乃木希典大将、3人目がステッセル中将(国立国会図書館デジタルコレクションから)
敗軍の将に帯剣を認めた水師営の会見の記念写真。中列左から2人目が乃木希典大将、3人目がステッセル中将(国立国会図書館デジタルコレクションから)
前半 生まれは「六本木ヒルズ」(前半は登録なしでお聴きいただけます)

陸軍大将、乃木希典(1849~1912年)は難攻不落の旅順を落とし、2人の息子を失いながら日露戦争を勝利に導いた功績や、敵将ステッセルに礼を尽くした「水師営の会見」などで、戦前は国民的英雄でした。

誤った「乃木愚将論」も語られましたが、旅順で多くの犠牲者が出た責任は乃木が一番よく分かっていました。明治天皇ご大葬の日、割腹して殉死したのです。

戦後はあまり教えられてこなかった乃木希典の生涯を、神田蘭さんが語ります。

後半 敵将への礼節と自責の念

ランキング

  1. 【音声で聴く 戦後史開封】昭和45年の大阪万博 苦難克服…そして令和7年へ

  2. 【音声で聴く 歴史の真相】フランス革命の光と影 テロの語源、恐怖政治

  3. 【音声で聴く 戦後史開封】岸壁の母 「もしやもしや」の息子は生きていた

  4. 【音声で聴く 歴史の真相】鎌倉幕府の成立「いい国作ろう」でなぜ悪い 天皇軽視の教科書記述

会員限定記事