立民「決裂なら不信任に値」 自民反発、維新苦言

記者会見する立憲民主党の泉代表=4日午前、国会
記者会見する立憲民主党の泉代表=4日午前、国会

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済に向けた与野党協議会に関し、立憲民主党の泉健太代表が4日、決裂した場合は岸田文雄内閣に対する不信任決議案提出に値すると言及した。今国会での新法成立は困難とする自民・公明両党に圧力をかける狙いだが、与党側は反発。立民と独自の救済法案を共同提出した日本維新の会からも苦言が出ている。

泉氏は記者会見で「ぎりぎりまで協議がまとまることを求めていくが、まとまらないということであれば首相と自民党の、重大な国民に対する背信行為だ」と強調。「骨抜きや先送りがあった場合は、もう内閣不信任に値するほどの事案だ」と述べた。

これに対し、自民の茂木敏充幹事長は記者団に「精力的に議論を進めている途中に『決裂した場合』というのは極めて不誠実、不適切だ」と反発。「自民、公明と立民、維新の協議なので、内閣不信任決議案は全く筋違いだ」と指摘し、「強く撤回を求めたい」と語った。

維新からも、泉氏の発言を懸念する声が出た。遠藤敬国対委員長は4日の党会合で「先走ったら向こうの思うつぼだ。まとめていくことが大事だ」と指摘。与野党協議会メンバーの音喜多駿政調会長は「逆効果になる恐れもある。われわれの党内で、まだ協議会の結果と不信任案がリンクするような議論は一切ない。まずは成立を目指して一致協力してやっていく」と記者団に語った。(千葉倫之)

会員限定記事会員サービス詳細