山口、現役続行に意欲 巨人に退団あいさつ

山口俊投手
山口俊投手

巨人を戦力外となった山口俊投手が26日、川崎市内のジャイアンツ球場を訪れ、秋季練習前の選手ら関係者に退団のあいさつをした。今後は「現役というところを目指してトレーニングを続ける」とプレー続行に意欲を示し、12球団合同トライアウトは参加せずにオファーを待つという。

移籍先は「できれば日本というのが優先順位が高い」とした上で、米国など海外でのプレーも視野に入れ「チャンスがあるならマイナーからでも、やりたいなというのはある」と話した。

2019年のセ・リーグ最多勝投手。米球界から復帰2年目の今季は下半身に故障が続き、登板1試合に終わった。現在はブルペンでの投球を再開しており「やっと本来の体に戻ってきている。その中で、もう一回勝負したい」と意気込んだ。

会員限定記事会員サービス詳細