現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

音声で聴く 神田蘭の5分で恋する日本史列伝

高橋是清の巻 戦費調達、恐慌脱出…凶弾に倒れた「だるま宰相」

高橋是清(国立国会図書館「近代日本人の肖像」から)
高橋是清(国立国会図書館「近代日本人の肖像」から)

高橋是清(1854~1936年)は幕府御用絵師の子として江戸で生まれ、仙台藩足軽の養子となりました。留学生として渡米中に奴隷として売られたり、ペルーの鉱山開発で詐欺に遭ったりするなど波乱万丈の生活を送りました。

日銀副総裁として日露戦争の戦費調達のための外債募集を成功させ、総裁に就任。首相を1回、蔵相を7回歴任。日本経済を金融恐慌から脱出させるなど活躍し、「だるま宰相」「だるま蔵相」として親しまれました。

蔵相時代の昭和11年、二・二六事件で青年将校に暗殺され、七転び八起きのだるまも最後は凶弾に倒れてしまいました。

前半 留学生のはずが奴隷だった(前半は登録なしでお聴きいただけます)
後半 金融・財政で国を支える

ランキング

  1. 【音声で聴く 戦後史開封】昭和45年の大阪万博 苦難克服…そして令和7年へ

  2. 【音声で聴く 神田蘭の言いたい放題】「政治家は私財をなげうて」大久保利通を再評価

  3. 【音声で聴く 神田蘭の5分で恋する日本史列伝】大久保利通の巻 富国強兵、殖産興業…不人気政治家の偉業

会員限定記事