テスラが披露したヒト型ロボットは、その開発の難しさと“秘めたる可能性”を浮き彫りにした

テスラが二足歩行するヒト型ロボット「Optimus(オプティマス)」の試作機を公開した。まだ細かな動きや素早い二足歩行ができるレベルには達していないが、プロジェクトが成果を上げれば製造分野において鍵を握る存在になる可能性もある。

イーロン・マスクは「Optimus(オプティマス、旧称はTesla Bot)」と呼ばれるヒト型ロボットの発表を、1年以上も前から世界に約束してきた。ところが、テスラのイベント「Tesla AI Day 2022」で9月30日(米国時間)に発表された2体の試作機は、必ずしも敏捷性に目がくらむようなレベルではなかった。

マスクいわく、すべての部品がテスラ製で量産も間近というOptimusは、ぎこちなく手を振ってから、3人のアシスタントに押されながらステージ上を横切ったのである。このロボットはスタンドに載せられ、まだ自力で歩くことはできない。

「これは豊かな未来、貧困のない未来、欲しいものが何でも手に入る未来が訪れることを意味します」と、ロボットについてマスクは語る。「文明の根本的な変化が本当に起きるでしょう」

高尚な言葉と現実とのギャップ

この日のイベントで披露されたもう1台のヒト型ロボットは、テスラ製と既製の部品を組み合わせてつくられたものだった。このロボットについてマスクは「開発途中のもの」と説明したが、非常にぎこちなくではあったが歩いて前に進むことができている。

これらのロボットのデビューは面白みに欠けていた。マスクの高尚な言葉とテスラ製ロボットの現実とのギャップから浮き彫りになるのは、この乱雑で予測不可能な現実世界において機械が洗練された動きをすることが、最近の人工知能(AI)の進歩にもかかわらず依然として信じられないほど難しいことである。マスクの大げさなセールストークとぎこちない動きの試作機を、ロボット業界のベテランたちは興味とあきれた感情が入り交じった様子で見守っていた。

「このロボットが5年後に何か役に立つことをしているといった考えは、ばかばかしい話です」と、倉庫で人間の作業員と並んで動作するロボットを手がけるFetch Roboticsの最高経営責任者(CEO)のメロニー・ワイズは語る。「明らかなギャップがたくさんありますから」

ワイズによると、テスラ製ロボットの関節がかなり初歩的な段階にあり、硬くて柔軟性に欠けるように見えたという。ケーブルで動くロボットの手は、ロボット工学者たちが以前に開発した高度なものに比べて基本的なものに見えたからだ。また、テスラが運転支援システム「オートパイロット」を活用してロボットを制御しているという主張は、二足歩行とクルマのハンドル操作との違いを考えると理解しがたいとワイズは語る。

「テスラはすぐに克服するだろう」とマスクが言う課題は、多くのロボット工学者たちが何十年もかけて取り組んできた問題と同じであるとも、ワイズは指摘する。それにもかかわらずマスクは、人間と同じくらい身体機能に優れた自律型ロボットの開発について、さも簡単そうに語ったのだ。「その課題の難しさをご存知でしょうか?」と、ワイズは問いかける。

他社のロボットも能力は限定的

テスラがヒト型ロボットを開発するとマスクが最初に発表したのは、ロボットスーツを着た人間がステージで踊るという奇妙なイベントが開かれた2021年8月のことだった。このプロジェクトは、少なくとも部分的には人材募集の宣伝のためのようである。マスクはロボット工学とAIのエンジニアの採用を加速させ、自動運転に関するテスラの取り組みにも貢献する意図があったと、今回のイベント前に発言している。

マスクが人々の視線を集めることに失敗することは、めったにない。だが、今回のロボットの発表に関するオンライン配信の動画は、ヒト型ロボットの開発に取り組む他社の“話題の動画”には及ばなかった。

会員限定記事会員サービス詳細