音声で聴く スポーツ、ここが知りたい

全日本ろうあ連盟本部事務所長・倉野直紀さん 東京デフリンピックで理解広がれ

↓こちらから音声がお聴きいただけます。
2025年東京デフリンピックに向けて、開催準備への意欲を手話で語る倉野直紀さん=東京都新宿区(森田景史撮影)
2025年東京デフリンピックに向けて、開催準備への意欲を手話で語る倉野直紀さん=東京都新宿区(森田景史撮影)

聞こえないアスリートが集い、世界一を争う「デフリンピック」が2025(令和7)年の秋に東京で開かれる。会期は11月15日から26日までの12日間で、約80の国・地域から約5000人の参加を想定しているという。

夏季大会は1924年に第1回が開かれ、東京で迎える第25回大会は「デフリンピック誕生100年」の節目に当たる。パラリンピックより歴史のある大会にもかかわらず、日本での認知度はまだ高くない。開催準備に忙しい全日本ろうあ連盟理事・本部事務所長の倉野直紀氏に、大会開催の意義やデフスポーツの魅力について聞いた。(聞き手・森田景史)

■倉野直紀(くらの・なおき)
1972(昭和47)年、三重県生まれ。東海聴覚障害者連盟事務局長などを歴任し、現在は全日本ろうあ連盟理事・本部事務所長。2025年東京デフリンピックに向けて、連盟内のデフリンピック準備室室長補佐として、開催準備の中心を担う。競技歴はバレーボール。

※音声プレーヤーが表示されない場合はこちら

「音声で聴く スポーツ、ここが知りたい」は、アスリートなどスポーツ関係者の肉声インタビューをお届けします。

【音声で聴く スポーツ、ここが知りたい】全日本ろうあ連盟本部事務所長・倉野直紀さん
聞き手 森田景史
音声編集 向井達也(オレンジボックス)
制作 産経新聞社

会員限定記事会員サービス詳細