現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

論じたい「円安」の賢い生かし方 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦

一時1ドル=148円89銭まで下落した円相場を示すモニター=17日夜、東京・東新橋
一時1ドル=148円89銭まで下落した円相場を示すモニター=17日夜、東京・東新橋

最近、気になる経済用語に「悪い円安」がある。かかる価値判断の形容詞がついた言葉は、少なくとも政策論議をする際には避けたいものだと思う。

為替のため金融政策変更なし

それでも「悪い円安」と言いたくなる人の気持ちは、正直わからぬではない。円安は日本人の購買力が低下することを意味するし、実際に困っている人は多い。そして日米金利差の拡大を考えると、すぐには止まりそうにない。

ランキング

  1. 【産経抄】11月30日

  2. 【主張】中国のコロナ抗議 独裁体制の欠陥は明白だ

  3. 【主張】電動キックボード 混乱招かぬルール整備を

  4. 【産経抄】11月29日

  5. 【浪速風】エスカレーターでは立ち止まれ

  6. 【正論】宗教少数派と信仰自由について 東京大学名誉教授・平川祐弘

  7. 【産経抄】11月28日

  8. 【主張】台湾与党の敗北 自由と民主を守り続けよ

  9. 【主張】レーダー照射問題 尹政権も反日続けるのか

  10. 【マーライオンの目】民間機でばったり

会員限定記事