4団体統一をバンタム級の集大成に 未来見据える井上尚

ボクシングの4団体王座統一戦に向け、記者会見するバンタム級世界3団体王者の井上尚弥=13日午後、横浜市
ボクシングの4団体王座統一戦に向け、記者会見するバンタム級世界3団体王者の井上尚弥=13日午後、横浜市

ボクシングのバンタム級世界3団体王者の井上尚弥(大橋)が13日、横浜市内で会見し、12月13日に東京・有明アリーナで世界ボクシング機構(WBO)同級王者のポール・バトラー(英国)と王座統一戦を行うと発表した。アジア人初の主要4団体王座統一が懸かる井上尚は「ボクシングの歴史に名を刻み、日本ボクシング界の記録を塗り替えたい。圧倒的な力の差を見せて4団体統一を成し遂げたい」と決意を述べた。

世界ボクシング協会(WBA)国際ボクシング連盟(IBF)世界ボクシング評議会(WBC)の王座を保持する29歳の井上尚は23戦全勝(20KO)。33歳のバトラーは34勝(15KO)2敗。

男子では過去に8人しか達成していないボクシング主要4団体の王座統一。井上尚は大一番をこう位置付けた。「バンタム級での最終章、スーパーバンタム級へのスタート。ゴールではなく、あくまで通過点」。アジア人初の快挙を花道に、バンタム級に区切りをつけようとしている。

9月には米ロサンゼルスで合宿し、試合に向けたスパーリングも開始。「過去最大のモチベーションを持って挑める。判定まで(持ち込まれる)という考えは自分にはない」とKO決着に自信をみせる。

ライトフライ級とスーパーフライ級でも世界を制したが、減量苦から解放されたバンタム級は世界5階級を制したノニト・ドネア(フィリピン)という難敵の存在もあり、自身を高める上で絶好の階級だった。ドネアから2度目の勝利を挙げた今年6月、米専門誌「ザ・リング」選定の全階級を通じた最強ランキング「パウンド・フォー・パウンド」で日本人初の1位に輝き、WBOのベルトを残すだけとなった。

階級アップを見据え、筋力強化にも励む。「自分はバンタム級でも小さい方。スーパーバンタム、フェザーを考えるなら、ここから先は挑戦」。4団体王座統一の先に、29歳の闘志をかき立てる未来が待つ。(奥村信哉)

会員限定記事会員サービス詳細