ロシアのミサイル20発迎撃 ウクライナ、各地で停電

演説するウクライナのゼレンスキー大統領=11日(AP)
演説するウクライナのゼレンスキー大統領=11日(AP)

ウクライナのゼレンスキー大統領は11日の演説で、ロシアによる同日午前のミサイル攻撃で28発中、20を迎撃したと明らかにした。15機以上の無人機から攻撃を受け、大半を撃墜したと述べた。無人機のほとんどはイラン製だと指摘した。

ウクライナ各地ではロシアの攻撃で電力施設が損壊し、停電が相次いだ。西部リビウでは変電所が破壊され、住民の3割が電気供給を一時受けられなくなった。首都キーウ(キエフ)では電力不足の懸念から計画停電が実施された。

一方、ウクライナ大統領府は11日、ロシアと捕虜を交換し、ウクライナ側の兵士ら32人が解放されたと明らかにした。(共同)

バイデン米大統領「アルマゲドン」の危険指摘 「キューバ危機以来の核脅威」

露軍攻撃「生活破壊が狙い」 グレンコ・アンドリー氏

会員限定記事会員サービス詳細