「これ以上、苦しめないで」 遺族が被告に頭下げる 大阪・パブ経営女性殺害

宮本浩志被告(知人提供)
宮本浩志被告(知人提供)

大阪市北区のカラオケパブで昨年6月、オーナーの稲田真優子(まゆこ)さん=当時(25)=を殺害したとして、殺人罪に問われた宮本浩志被告(57)に対する裁判員裁判の論告求刑公判で12日、稲田さんの母と兄が求刑に先立ち、大阪地裁の法廷で意見陳述した。兄の雄介さん(30)は「真優子を安らかに休ませてください」と述べ、真相解明を求めて、認否を黙秘する被告に頭を下げる場面もあった。

鬼ごっこで遊んだこと、幼いときに真優子さんにあげたお菓子のシールが遺品から出てきたこと…。証言台の椅子に座った雄介さんは「心優しい、見習うべき妹」との思い出を振り返った。

宮本被告に対しては「罪と向き合って真人間になったら真優子の仏壇に線香を立てて、冥福を祈ってほしい」と訴えた。

最後に椅子から立ち上がると、宮本被告に向かって約10秒間頭を下げ、こう求めた。「これ以上、傷つけないでほしい。真優子を安らかに休ませてください」

宮本被告は9月16日に開かれた初公判で起訴内容の認否は黙秘しつつ、「判決は死刑をお願いします。検察官には被害者家族の意思をくみ、死刑を求刑していただきたい」と発言した。

被害者遺族の意見陳述の後、宮本被告は最終意見陳述で約50分にわたり持論を展開。初公判と同様に「なにとぞ、判決で死刑を宣告していただきたい」と語りながら、検察側の立証に対して「推測しかない。ある意味残念、頼りない」と疑問を投げかけてみせた。

宮本被告のこうした陳述に、傍聴していた雄介さんが怒りのあまり手に持っていたペンを折る場面も。公判後に大阪市内で会見した雄介さんは「反省や後悔、謝罪もなく本当に悔しい」と憤りをあらわにした。

起訴状によると、宮本被告は昨年6月11日夜、カラオケパブの店内で、稲田さんの首や胸などを刃物で多数回突き刺すなどして失血死させたとしている。

この日の公判で検察側は「執拗(しつよう)かつ残忍で極めて悪質な犯行」として無期懲役を求刑。対して、弁護側は被告を犯人だとする立証が不十分だと無罪を主張した。判決は今月20日に言い渡される。

会員限定記事会員サービス詳細