北のミサイル日本全土が射程 金正恩氏、核使用を強調

北朝鮮メディアの10日の報道によると、金正恩朝鮮労働党総書記は同国が9月25日~10月9日に行った計7回の弾道ミサイルなどの発射訓練を現地指導した際に、敵の動きを注視しており「必要な場合は相応するすべての軍事的対応措置を強力に実行する」と述べた。核兵器の使用をためらわない考えを強調し日米韓をけん制した。

また、今回の実験で戦術核運用部隊の能力が検証されたとして、個々の部隊に核使用の判断の一部を任せることもできるとの「確信」を持ったとも言及。米韓が先制攻撃で金正恩氏を暗殺しても、核による報復が稼働する態勢を整えていることを示唆した。

10日の報道は、9月28日の弾道ミサイル発射は戦術核弾頭により「南朝鮮(韓国)作戦地域内の飛行場を無力化させる」目的の訓練だったと明記し、韓国への核攻撃訓練であることを隠さなかった。10月4日の日本列島上空を越えた発射も「日本列島を横切って4500キロ先の水域を攻撃した」と表現し、日本全土を射程に含んでいることを改めて強調した。(共同)

9月25日から10月9日までの期間に行われた朝鮮人民軍戦術核運用部隊の弾道ミサイル発射訓練を現地で指導する金正恩朝鮮労働党総書記(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
9月25日から10月9日までの期間に行われた朝鮮人民軍戦術核運用部隊の弾道ミサイル発射訓練を現地で指導する金正恩朝鮮労働党総書記(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
9月25日から10月9日の間に行われた北朝鮮の戦術核運用部隊の弾道ミサイル発射訓練を現地指導する金正恩朝鮮労働党総書記(朝鮮中央通信=共同)
9月25日から10月9日の間に行われた北朝鮮の戦術核運用部隊の弾道ミサイル発射訓練を現地指導する金正恩朝鮮労働党総書記(朝鮮中央通信=共同)
9月25日から10月9日の間に行われた北朝鮮の戦術核運用部隊の訓練で発射された弾道ミサイル(朝鮮中央通信=共同)
9月25日から10月9日の間に行われた北朝鮮の戦術核運用部隊の訓練で発射された弾道ミサイル(朝鮮中央通信=共同)
9月25日から10月9日の間に行われた北朝鮮の戦術核運用部隊の弾道ミサイル発射訓練を現地指導する金正恩朝鮮労働党総書記(中央)(朝鮮中央通信=共同)
9月25日から10月9日の間に行われた北朝鮮の戦術核運用部隊の弾道ミサイル発射訓練を現地指導する金正恩朝鮮労働党総書記(中央)(朝鮮中央通信=共同)

会員限定記事会員サービス詳細