首相、F1日本GP視察で「ウィズコロナ」アピール

F1日本GP決勝のスタート後、記者の質問に答える岸田首相=9日午後、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキット(代表撮影)
F1日本GP決勝のスタート後、記者の質問に答える岸田首相=9日午後、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキット(代表撮影)

岸田文雄首相は9日、三重県鈴鹿市で開かれた自動車のF1シリーズ日本グランプリ(GP)を視察した。現職の首相が訪れるのは初。全国を対象とする観光支援策「全国旅行支援」などの実施を11日に控える中、新型コロナウイルスの感染対策と経済の両立を目指す「ウィズコロナ」を進める姿勢をアピールした。

「3年ぶりに『世界の鈴鹿』が戻ってきた」

首相は決勝レース前のあいさつで、大観衆を前にこう述べた。視察後には記者団に、「会場の迫力や熱気を感じた。全国各地で多くの皆さんにこうしたイベントを楽しんでもらい、日本の活力につなげてほしい」と語った。

F1日本GPは自動車レースの最高峰。コロナ禍で3年ぶりの開催となったが、大会の模様が海外向けに中継されるなど世界的に注目度が高い。

国は11日から全国旅行支援に加え、入国者数の上限撤廃などの水際緩和や各種イベントを2割引き(上限2千円)で楽しめる「イベント割」を始める。首相周辺は「首相自ら足を運ぶことで、旅行に対する日本の『ギア』が変わったというメッセージを打ち出す良い機会になった」と語った。(竹之内秀介)

会員限定記事会員サービス詳細