アンディ・ウォーホル・キョウト

自画像(髪が逆立ったかつら)1986年

アンディ・ウォーホル 《自画像(髪が逆立ったかつら)》 1986 年 アンディ・ウォーホル美術館蔵© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York
アンディ・ウォーホル 《自画像(髪が逆立ったかつら)》 1986 年 アンディ・ウォーホル美術館蔵© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

来年2月12日まで京都市京セラ美術館新館「東山キューブ」(同市左京区)で開催されている「アンディ・ウォーホル・キョウト」(産経新聞社など主催)の主な作品を5回にわたって紹介します。第3回は「自画像(髪が逆立ったかつら)」です。

銀幕のスターや著名なミュージシャンなど数多くの有名人の肖像を作品化したウォーホルは、ポラロイド写真を複製して作った自画像をいくつも残している。その中の1枚がこの作品。

もともと1950年代から地毛と同じ薄茶色のピースを使っていたが、60年代半ばに自分の作品制作スタジオ「シルバー・ファクトリー」が注目を集め始めると、銀色に着色したかつらをつけるようになった。

父が東方カトリック教徒であるスロバキア系移民家庭に育ち、自身も性的少数派だったウォーホルは、上昇志向が強い人物だった。米国で認められるため、彼は芸術的才能をフル稼働する一方、セルフプロデュースにも力を注いだ。

たとえば、ボーダーシャツにクリースを入れたジーンズと黒いブーツを合わせた着こなしはラフかつ知的。後にファッション業界とも蜜月関係が生まれ、自身もファッションアイコンとなるのだが、髪が逆立ったかつらは名声の象徴ともいうべきアイテムなのだ。

あなたへのおすすめ

産経新聞社のイベント

注目イベントニュース

新着ニュース

ピックアップ

お知らせ

関連リンク