県民葬、細田氏ら追悼の辞 安倍昭恵さんもあいさつ

山口県は7日、下関市の県国際総合センター「海峡メッセ下関」で15日に実施する安倍晋三元首相の県民葬の式次第を発表した。細田博之衆院議長ら4人が追悼の辞を述べ、遺族を代表して妻、昭恵さんがあいさつする。

県民葬は県や県議会、自民県連など7団体でつくる葬儀委員会と安倍家、後援会が主催し、村岡嗣政知事が葬儀委員長を務める。追悼の辞は他に村岡氏と柳居俊学県議会議長、友人代表の伊藤昭男後援会長が読む。

15日午後2時に始まり、約2千人が参列する見込み。県によると、国会議員は現職、元職計約110人。台湾からの約100人や、米国、韓国の関係者の出席も予定している。岸田文雄首相にも案内状を送っているが、欠席するとみている。

また県民葬費用6300万円を盛り込んだ県の補正予算が7日の県議会本会議で可決、成立した。県によると、自民県連なども費用を負担するため、実際の県の支出は半額程度になる見通し。

会員限定記事会員サービス詳細