バイデン米大統領「アルマゲドン」の危険指摘 「キューバ危機以来の核脅威」

バイデン米大統領(AP)
バイデン米大統領(AP)

バイデン米大統領は6日、ウクライナ侵攻を続け、核兵器使用の可能性を示唆するロシアのプーチン大統領の言動を念頭に「このままではキューバ危機以来、初めて核の脅威に直面する」と述べた。世界最終戦争を意味する「アルマゲドン」という言葉を使い、危険が高まっていると訴えた。ニューヨークでの会合で支持者に語った。

米ソが核戦争の瀬戸際に陥った1962年のキューバ危機とロシア侵攻を公の場で対比させたのは初めて。米政権内の懸念の強まりを反映した。実際に核兵器を使えば、米国の直接介入は避けられなくなるとプーチン氏に警告する狙いもありそうだ。

バイデン氏は資金集めの会合で、プーチン氏についてよく知っているとした上で「戦術核や生物・化学兵器の使用の可能性を語る時、冗談を言っているのではない」と述べ、単なる脅しではないと受け止める必要性を強調した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細