現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

77年前の苦い歴史と国守る使命 ジャーナリスト・井上和彦

ジャーナリストの井上和彦氏
ジャーナリストの井上和彦氏

ロシアによるウクライナ侵略が始まって以来、北方領土や北海道の近海で軍事演習を行うなど、ロシアは日本への威圧行動も活発化させている。こうした侵略行為や威嚇は、日本人に忘れかけていたロシアの脅威を想起させている。

いとも簡単に約束を反故(ほご)にし、民間人虐殺、略奪、婦女暴行、強制連行など、現在のウクライナで行われているロシアの蛮行は77年前にわが国が経験した苦い記憶と重なって見える。

身を挺して使命を全う

ランキング

  1. 【阿比留瑠比の極言御免】台湾蔑視する立民の傲慢

  2. 【産経抄】12月9日

  3. 【主張】防衛費財源 歳出改革の徹底こそ先だ

  4. 【正論】「PKO協力法」の30周年に思う 東京外国語大学教授・篠田英朗

  5. 【大阪「正論」懇話会】北中露の脅威 軍事均衡崩すな 元防衛相・小野寺五典氏の講演要旨

  6. 【主張】中国「海外闇警察」 政府は実態の解明を急げ

  7. 【正論】北朝鮮が手伸ばす最先端科学技術  安全保障問題専門家、元国連専門家パネル委員・古川勝久

  8. 【大手町の片隅から】乾正人 コロナにかかって考えたこと

  9. 【浪速風】「質」を追求する

  10. 【主張】イランの抗議デモ 血の弾圧を直ちにやめよ

会員限定記事