現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

77年前の苦い歴史と国守る使命 ジャーナリスト・井上和彦

ジャーナリストの井上和彦氏
ジャーナリストの井上和彦氏

ロシアによるウクライナ侵略が始まって以来、北方領土や北海道の近海で軍事演習を行うなど、ロシアは日本への威圧行動も活発化させている。こうした侵略行為や威嚇は、日本人に忘れかけていたロシアの脅威を想起させている。

いとも簡単に約束を反故(ほご)にし、民間人虐殺、略奪、婦女暴行、強制連行など、現在のウクライナで行われているロシアの蛮行は77年前にわが国が経験した苦い記憶と重なって見える。

身を挺して使命を全う

ランキング

  1. 【竹島を考える】「尖閣有事」ならぬ「国会有事」 憂うべき日本の状況

  2. 【話の肖像画】作詞家・松本隆<2> 父が買ってくれた「デンチク」が原点

  3. 【産経抄】12月3日

  4. 【大阪「正論」懇話会】「安保戦略と防衛費、国守る意思示せ」 小野寺五典元防衛相

  5. 【産経抄】辻元清美氏の反省に疑問 12年の著作に「憲法から天皇に関する規定をはずす」とある 規定がある以上は尊重するが、本心は別ということか 6月10日

  6. 【石原慎太郎 日本よ】三島由紀夫氏と一致した「自己犠牲の美徳」をあの男に見た

  7. 【緯度経度】米政権襲うハンター事件 古森義久

  8. 【正論】「欲ない、夢ない、やる気ない」……現代日本の最大の危機はこの「3Y」にある 作家・堺屋太一

  9. 【ソウルからヨボセヨ】政治家になった記者の話

  10. 【直球&曲球】宮嶋茂樹 サッカーW杯に水を差すつもりはないが…

会員限定記事