ロシアの駆逐艦、潜水艦などが宗谷海峡を通過し日本海へ 海上自衛隊が監視

防衛省外観=東京都新宿区(川口良介撮影)
防衛省外観=東京都新宿区(川口良介撮影)

防衛省統合幕僚監部は7日、ロシア海軍の駆逐艦、潜水艦、潜水艦救難艦それぞれ1隻が6日以降、北海道とサハリンの間の宗谷海峡を抜け、オホーツク海から日本海へ移動したと発表した。海上自衛隊が監視に当たった。

防衛省によると、6日午後6時ごろ、宗谷岬の北東約40キロを西に進み、7日には宗谷海峡を通過した。

会員限定記事会員サービス詳細