安倍氏追悼演説、野田元首相が受諾の意向 自民が打診

野田佳彦元首相(酒巻俊介撮影)
野田佳彦元首相(酒巻俊介撮影)

自民党の高木毅国対委員長は7日午前、国会内で立憲民主党の安住淳国対委員長と会談し、今国会で実施を目指す安倍晋三元首相への追悼演説を立民の野田佳彦元首相に打診したい考えを伝えた。会談後、安住氏が野田氏に意向を確認し、野田氏は受諾する考えを示した。

高木氏は野田氏に要請する理由について「遺族の意向で、自民党の総意でもある。(首相として)重圧と孤独を経験した野田氏が追悼演説者に最もふさわしい」と安住氏に伝えたという。

追悼演説の日程は与野党で調整する。

立民・泉氏「追悼演説を政治利用しない」 野田氏受諾

公明・山口代表「立民・野田氏でなければできない追悼演説を」

立民・野田氏の安倍氏追悼演説「静謐な環境で粛々と」 木原官房副長官

安倍元総理の追悼演説「野党議員の方がいい」 自民の甘利前幹事長

会員限定記事会員サービス詳細