ウクライナ軍、東部・南部で前進続く ハリコフ州で93集落解放

4日、ウクライナ東部ハリコフ州クピャンスクで損壊したロシア軍戦車の脇に立つウクライナ兵(AP)
4日、ウクライナ東部ハリコフ州クピャンスクで損壊したロシア軍戦車の脇に立つウクライナ兵(AP)

ウクライナ軍は6日、東部ハリコフ州で9月21日以降、ロシアが制圧していた2400平方キロ以上を奪還し、93集落を解放したと発表した。南部ヘルソン州でも今月に入り、約400平方キロを奪還したと説明した。ロシアが東部・南部4州の併合を宣言した後も、ウクライナ軍は前進を続けている。

一方、南部ザポロジエ州の知事は6日、ロシアの支配が及んでいない州都ザポロジエで、ロシアが同日行った集合住宅へのミサイル攻撃の死者が7人に上ったと述べた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細