市議不祥事受け吉村氏陳謝 政活費巡り辞職願

大阪維新の会の吉村洋文代表
大阪維新の会の吉村洋文代表

地域政党「大阪維新の会」の吉村洋文代表(大阪府知事)は7日、政務活動費を不適切に出入金していたことが判明した同府吹田市議会の松尾翔太市議が辞職願を提出したことを受け「府民に申し訳ない。大問題で、あってはならない」と陳謝した。府庁で記者団の取材に答えた。

松尾氏は令和元年以降、経理責任者を務めていた所属会派「大阪維新の会・吹田」の口座から政務活動費を13回引き出し、後日同額を入金する行為をしていた。9日付の辞職願を市議会議長宛てに提出し、受理されていた。

維新側の調査に松尾氏は「個人口座のカードと誤認して引き出した」などと説明していたが、吉村氏は「信用に足るものではない」と述べた。再発防止策として、出入金の二重チェック体制の構築などが必要との認識を示した。

会員限定記事会員サービス詳細