阿部一二三が丸山城志郎を下し優勝、阿部詩も3度目V 柔道世界選手権

男子66キロ級決勝 丸山城志郎(左)と対戦する阿部一二三=タシケント(共同)
男子66キロ級決勝 丸山城志郎(左)と対戦する阿部一二三=タシケント(共同)

柔道の世界選手権第2日は7日、タシケントで男女各1階級が行われ、男子66キロ級は阿部一二三(パーク24)が決勝で丸山城志郎(ミキハウス)に優勢勝ちし、2018年以来3度目の優勝を遂げた。丸山は3連覇を逃した。

女子52キロ級の阿部詩(日体大)は決勝で東京五輪3位のチェルシー・ジャイルズ(英国)に優勢勝ちし、19年以来3度目の優勝。昨夏の五輪に続き、兄の阿部一とともに頂点に立った。準決勝では同五輪銀メダルのアマンディーヌ・ブシャール(フランス)に一本勝ちした。

阿部一は準決勝でモルドバ選手に優勢勝ち。丸山は準決勝で東京五輪3位の安バウル(韓国)を破った。男子の日本勢同士による世界選手権決勝は15年の73キロ級で大野将平(旭化成)が中矢力に勝って以来。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細