「どつき殺すぞ」取り調べ中の暴言で和解、慰謝料30万円

和歌山県警に逮捕され取り調べを受けた男性が、巡査部長から「どつき殺すぞ」などと暴言を吐かれて精神的苦痛を受けたとして、和歌山県に176万円の損害賠償を求めた訴訟は7日、県が男性に慰謝料30万円を支払うことで和歌山地裁で和解が成立した。男性側の代理人が明らかにした。県警は巡査部長の処分を検討している。

県警監察課などによると、30代の男性巡査部長は令和2年8月、和歌山市の40代男性への取り調べ中に「おまえ、ばかか」「泣かすぞ、こら」「どつき殺すぞ」と発言した。巡査部長は4年3月、脅迫罪で略式起訴され、和歌山簡裁から罰金20万円の略式命令を受けて納付した。

県警によると、巡査部長は「不適正な取り調べをした」と事実関係を認め「相手の態度に腹が立ち、感情のまま言葉が出てしまった」と反省しているという。

会員限定記事会員サービス詳細