日本、プエルトリコを3―0で下す バレー女子世界選手権

2次リーグのプエルトリコ戦で得点し、喜ぶ日本=ロッテルダム(共同)
2次リーグのプエルトリコ戦で得点し、喜ぶ日本=ロッテルダム(共同)

バレーボールの女子世界選手権は7日、オランダのロッテルダムなどで2次リーグが行われ、E組の日本は3―0でプエルトリコを下した。1次リーグから持ち越された成績は通算6勝2敗となった。プエルトリコは2勝6敗。

日本は井上(久光)や林(JT)が強打を決めて第1セットを25―16で先取した。第2セットも攻撃が好調で25―19で連取。第3セットも流れを渡さず25―21で奪った。

日本は9日に2次リーグ最終戦でオランダと対戦する。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細