大谷との長期契約を熱望 WBC出場にも協力 エンゼルスのミナシアンGM

投打の「二刀流」で活躍する大谷翔平(ロイター)
投打の「二刀流」で活躍する大谷翔平(ロイター)

米大リーグ、エンゼルスのミナシアン・ゼネラルマネジャー(GM)がレギュラーシーズン終了から一夜明けた6日、アナハイムで取材に応じ、投打の「二刀流」で活躍する大谷翔平と1年3000万ドル(約43億5000万円)で来季の契約に合意したことに、「双方にとって適正な契約でとてもうれしい。今後も長くいてほしい」と長期契約を熱望した。

かねて出場を容認している来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)には「出場したいならしてほしい。素晴らしい経験だと思う」と改めて語った。東京ドームでの1次リーグからプレーすることにも協力する方針を示した。

今季は大谷も含めた6人で担った先発ローテーションを、多くの球団のように5人にする可能性を問われると「リスクもあるが、検討する。どんな制限も設けない」とした。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細