ドラクエウォークしながら民家物色 窃盗容疑で男を追送検

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

スマートフォンの位置情報を使った人気ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」をプレーしながら、移動先で民家を物色し、忍び込んで窃盗を繰り返したとして、兵庫県警捜査3課などは7日、窃盗と住居侵入などの疑いで、同県上郡町岩木甲の無職、吉倉和久被告(42)=常習累犯窃盗罪で公判中=を追送検し、捜査を終結したと発表した。県警は47件(約430万円相当)の犯行を裏付け、うち4件が起訴されている。

同課によると、昨年9月~今年6月、同県姫路市や上郡町など県内6市町で無施錠の窓などから民家に侵入し、現金や商品券の盗みを繰り返したとしている。容疑を認めているという。

吉倉容疑者は平日夜を中心に自転車で移動し、ゲームを楽しみながら民家を物色。一晩に片道約50キロを移動することもあったといい、「(移動は)苦にならなかった」と話しているという。

ドラゴンクエストウォークは、スマホの位置情報を使って、移動する先でモンスターと戦ったり、アイテムを取得したりするゲームで、地域限定のイベントもあり、各地への移動によって楽しさが深まる仕組みになっている。

会員限定記事会員サービス詳細